汗抜きドライ・汗抜き加工・ダブルクリーニング !?

サイトウクリーニング

営業時間|電話番号



汗抜きドライ・汗抜き加工・ダブルクリーニング !?


この時期、クリーニング店でよく目にする

「汗抜き加工」「汗抜きドライ」「ダブルクリーニング」「水洗い」「〇〇洗浄」「〇〇フレッシュ」…などの文字。

そうです。 すべて 「汗の汚れを落としましょう!」というものですね。

 

どれも似たようなネーミングですが、とても重要なものが伝わっていません。

 

それは、

 

その加工は、  「ドライクリーニングによるものなのか、 水洗いによるものなのか」

というものです。

 

汗の成分は ほとんどが水分。これは乾燥(蒸発)してしまえば洗わなくてもなくなりますね。

問題は残りのわずかな他の成分。

塩分・アンモニア・タンパク質・乳酸・尿素  などの水溶性の成分。

これらが残っていると、なんとなくゴワゴワしたり なんとなくベタついたり なんとなく臭ったり なんとなくサッパリしない…

なんとなく不快なんです。

生地の変色やカビ・虫食いなども原因は同じです。

 

水溶性の成分 ⇒  通常のドライクリーニングでは落ちません。

だって、水溶性なので 油(ドライクリーニング)には溶けないから。       ここはドライクリーニングの弱点。

 

そこで、ドライクリーニングでも水溶性の成分を落とせるように、ドライクリーニング溶剤の中に助剤を投入して 水溶性の汚れを落ちるようにします。

これが 「ドライクリーニングによる汗抜き加工」です。

 

一方は 水洗いはその名の通り、

「汗(水溶性)の汚れは水洗いで落とす方法」

 

どちらもメリット・デメリットはあります。

 

クリーニング業者側から見ると、 効率 リスク 技術 経費 なども考慮しなければなりません。

ただ その効果だけを考えると、

 

「水溶性の汚れは水洗いで落とす」のが理想です。

 

ドライクリーニングによる汗抜きは 簡易的なものと思ってください。なので加工料金も安価(時には無料・サービス)なんです。

 

一方、水洗いは 技術・時間を必要とし、リスクも伴います。

ただ「キレイにする」事を考えたら 水洗いがベストです。

 

なので、サイトウのダブルクリーニングは

100%水洗いです。

(ドライクリーニング+水洗い)

 

ドライクリーニングでは落ちきらない目に見えない汚れも 水洗いで洗い流します!

 

なので、サイトウは ドライクリーニングでの汗抜き加工はやりません。