ダウン衣料の変色・退色

サイトウクリーニング

営業時間|電話番号



ダウン衣料の変色・退色


先日お客様からダウンコートの変色について問い合わせがありました。

クローゼットを整理していたところ ダウンコートの変色に気付かれたようです。

 

肩から袖口にかけて帯状に、それと商品の下部に変色(退色)がみられます。

 

こちらの症状は、

「ナイロン素材の酸化窒素ガスによる退色」  です。

 

酸化窒素ガスとは、石油などの燃焼ガス・暖房器具などから発せられる温風ガス・自動車の排気ガスなどに多量に含まれていて、日常の生活環境において常に空気中に存在するものです。

酸化窒素ガスは染色物に吸着すると染料を化学的に分解してしまいます。

特にナイロン素材はこのガスに反応しやすく、変色・退色などのトラブルが発生します。

着用時やクリーニング時に発生するものではなく、保管中に少しずつ時間をかけて進行していきます。

酸化窒素ガスは空気が停滞しやすい所に溜まりやすく、空気より軽いので 下から上へ流れます。

特徴として、商品下部から上部にかけて帯状(縦)に変色・退色の症状が現れます。さらに空気の停滞しやすい奥側(クローゼットの奥側)の片方だけ変色・退色するのも特徴的です。

 

住環境や保管環境・製品によっても発生頻度が違ってくるので、完全に防止するということは難しいですが 予防策として、

 

◻️シーズン着用後はきちんと汚れを落とす。(クリーニングする。)

◻️クリーニング後の保管では ビニール袋を外す。 ビニール袋をかけたままの保管はガスが袋内に停滞し、変色しやすくなります。

◻️保管中は定期的に空気の入れ替えをして、ガスの停滞を防ぐ。(クローゼットの中)

などです。

 

お気に入りのダウン衣料。いつまでも色鮮やかに着られるよう、保管にもご注意ください。