ワイシャツ エリの縮みについて

サイトウクリーニング

営業時間|電話番号



ワイシャツ エリの縮みについて


先日、新規のお客様から問い合わせがありました。

「御社ではワイシャツのエリが縮むことがありますか?」

う〜ん… 正直申しまして 全く無いとは言えず…

「ワイシャツのエリは縮むことがあります。」とお答えしました。

 

どうしてワイシャツのエリは縮むのかと言いますと、熱の影響によるものがほとんどです。

 

ワイシャツのエリ(だけでなく カフス、前立て)には芯地が入ってます。

芯地の役割は、

 

・着用や洗濯による型崩れを防ぐ為、寸法や形態を安定させる

・ハリやコシを持たせ、着用時のシルエットを維持する

・生産時(縫製時)の歪みを防ぎ、品質と生産性の向上       など。

 

そして この芯地には3つの種類があります。

・フラシ芯

・仮接着芯

・接着芯(トップフューズ芯)

 

それぞれ一長一短あり 説明は省略させていただきますが…

3番目の接着芯(トップフューズ芯)は主に既製品や形状記憶シャツに使用され、国内で流通・販売されている9割のワイシャツがこの芯地です。

その名の通り 接着剤で布と芯地を固定する方法ですが、この接着剤に入っている樹脂が熱による影響を受けやすいのです。

 

ワイシャツのクリーニングでは 洗浄力向上の為 通常50℃~60℃で洗います。

しかし、この熱は影響ありません。

問題は仕上げ工程のプレス機による熱です。

キレイに 効率良く仕上げる為には一定以上の温度が必要になります。通常は180℃~200℃でプレスします。

この時の高温プレスによって接着剤に含まれる樹脂が収縮し、エリ・カフス・前立てが縮んでしまうわけです。

 

しかし、ワイシャツメーカーさんは、

「130℃以上の熱を加えると縮みますよ。」と言います。

 

でもクリーニング屋さんは、

「それじゃあ キレイに仕上がらないし、時間もかかっちゃうよ。」と。

仕上がりの品質と生産効率を求めるクリーニング業者。

(ここがお互い食い違うのです。(^_^;))

 

そこでクリーニングの機械メーカーは、

「伸ばしながらプレスすれば良いじゃない!」と、

プレス温度はそのままに ストレッチ機能を持たせたプレス機が登場しました。

(上の画像は当社が使用しているストレッチ機能付きプレス機です。)

 

なので、ワイシャツのエリはその構造上 ある程度縮むことはご理解いただき 、

縮まないよう 出来る限りの努力はしております。