シームレスダウンのリスク

サイトウクリーニング

営業時間|電話番号



シームレスダウンのリスク


ここ数年の間に増えてきました「シームレスダウン」

実は、強度的に問題のある製品が少なからずあります。

 

シームレスとは、「縫い目がない」という事。ダウン衣料の特徴でもある 羽根を均等に配置する為の仕切り。通常はミシン糸で行うもの (キルティングのよう) を、樹脂を熱で圧着 (接着剤のようなもの) させて仕切りを作っています。

 

リスクとは…    この樹脂で仕切られた区切りが弾けて 仕切りが無くなる…そしたら…

羽根(ダウン)は重力でみんな下に溜まります。 想像したくないです。 (T_T)

 

樹脂系の加工  (衣類だとボンディング加工やラミネート加工、ポリウレタン加工など)  は経時劣化が早く、製造から3年程で硬化・剥離が発生します。

シームレス加工も同様と思ってください。

着用時は状態を保っていても クリーニング時の物理的な作用によって剥離することがあります。

さらに、圧着力が弱く そもそも 強度的に問題のある製品も出ています。これはたった1回の洗浄でもダメになることもあります。

 

アウトドアブランドやスポーツブランド他、一流のブランドはきちんと研究して真面目に作り込んであります。

なので、価格はかなりお高い (^_^;) ですが、クリーニングする側としてはこちらの製品の方が安心なんです。

怖いのは、流行りにのってデザイン重視で短期間に作られたもの。安価ですが おそらく研究もそこそこに、製品テストもしてないで販売していると思います。

※ユ〇クロさんのシームレスは丈夫です!    しっかりと作ってあります。

 

当店でも受付の際にお話をさせていただいておりますが、 クリーニングにおいてはリスクのある製品ということをご理解ください。 m(_ _)m